Interrop Tokyo カンファレンス

+

YC-08

6月14日(金) 12:10-13:30

ご登録はこちら

サービスプロバイダからみた大規模災害時のサプライチェーンリスク

概要

2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震では、地震そのものによる影響に加えて、北海道全域に亘る大規模停電が発生したことにより、広い範囲で多岐に渡る業種に影響が生じました。通信事業者やデータセンタなどのサービスプロバイダも例外ではなく、事業継続にあたって存在するサプライチェーンリスクの大きさが改めて浮き彫りになりました。同時に、通信サービスやクラウドサービスの利用者においても、これらのサービスの継続性が、利用者にとって広義のサプライチェーンリスクとして認識されはじめています。

本セッションでは、サービスプロバイダにおける大規模災害時の事業継続性の観点に基づくサプライチェーンリスク管理のあり方を概観します。さらに、北海道においてインフラを有するサービスプロバイダが、北海道胆振東部地震の被災時にどのようにサプライチェーンリスクに対応したのか、携帯電話網、固定網、データセンタを運用する事業者それぞれの観点から実情を共有します。最後に、これらの知見を踏まえ、今後のサプライチェーンリスク管理についてのパネルディスカッションを行います。

また、大規模災害時においてサービス利用者としてインターネット関連インフラ事業者に対して期待できることと期待できないこと、また利用者側でできる対策について議論を行います。

要旨
  • 携帯電話サービス事業者における大規模災害時のサプライチェーンリスク管理と課題
  • 固定網サービス事業者における大規模災害時のサプライチェーンリスク管理と課題
  • データセンタ・クラウド事業者における大規模災害時のサプライチェーンリスク管理と課題
  • ユーザからみたインターネットインフラのリスク管理と課題
  • パネルディスカッション
講演者

Chair

白畑 真

さくらインターネット(株)

社長室

Speaker

江草 陽太

さくらインターネット(株)

執行役員 技術推進統括担当

Speaker

調整中
ページの先頭へ