Interrop Tokyo カンファレンス

+

YC-07

6月14日(金) 10:30-11:50

ご登録はこちら

迫る重大イベント:サイバー犯罪からビジネスとユーザを守るには ~不正トラベル、モバイル決済の悪用など~

概要

「不正トラベル(窃取したクレジットカード情報による旅行手配の代行)」「モバイル決済サービスの不正利用」など、詐欺行為やサイバー犯罪は一向に減る気配がありません。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けてインバウンドの需要がますます高まり、さらにチケットの販売も2019年春には開始される中、観光客を中心に詐欺のターゲットとなってしまうことが予期されます。

本セッションでは、さまざまな詐欺行為やサイバー犯罪の手法を共有するとともに、サービス提供企業における対策について紹介します。また、事案や犯罪者の情報を法執行機関と共有することで、脅威の無効化を図る取り組み――未然防止や攻撃者に対する司法的な追求など――についても扱います。

要旨
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の影響によって想定される脅威
  • 不正トラベル、不正チケット転売、モバイル決済サービスの不正利用など、詐欺行為の動向
  • 本日施行!『チケット不正転売禁止法』(12/14公布~6/14施行)
  • 詐欺行為、サイバー犯罪に関するサービス提供企業の取組み状況
  • パネルディスカッション
講演者

Chair

中西 克彦

NECネクサソリューションズ(株)

Speaker

間仁田 裕美

(一財)日本サイバー犯罪対策センター

デジタルプラットフォーム事業部 技術主幹

Speaker

吉田 奨

ヤフー(株)

ページの先頭へ