Interrop Tokyo カンファレンス

+

YC-06

6月13日(木) 14:30-15:50

ご登録はこちら

Threat Intelligence (2)  利用者側に求められるインテリジェンス

概要

「ダークウェブで御社に対する攻撃の兆候を見つけました!」「御社所有のドメインと1文字違いのドメイン名を大量に登録している人物が居ます!」といった一部のわかり易いものを除き、脅威インテリジェンスサービスの活用には、利用者側にもそれなりのインテリジェンスが求められます。

本セッションでは、利用者の自組織における「脅威インテリジェンス」の活用の最大化にむけて、縦横無尽に議論を繰り広げます。

要旨
  • 情報源の特徴と限界、分析における制約の理解
  • 自組織の環境と要件
  • 戦略系スレットインテリジェンスの読み解き方
  • 海外の脅威情報と、日本の脅威情報の活用
  • 脅威情報を多面的に加味して、解決策を見出すことの重要性
講演者

Chair

門林 雄基

奈良先端科学技術大学院大学

先端科学技術研究科 教授

Speaker

伊東 寛

ファイア・アイ(株)

Speaker

岩井 博樹

(株)サイント

代表取締役 兼 統合分析責任者

Speaker

千田 展也

ファイア・アイ(株)

シニアインテリジェンスアカウントアナリスト

ページの先頭へ