Interrop Tokyo カンファレンス

+

YC-02

6月12日(水) 12:10-13:30

ご登録はこちら

産業サイバーセキュリティのこれから ~『産業サイバーセキュリティセンター』第2期生の成果から~

概要

近年、「Connected Industries」――さまざまな産業や企業が、データを介して相互につながること――の実現に向けた取り組みが進む中、「重要インフラ(電力など)における、サイバーセキュリティ対策の強化」や「重要産業分野における、サプライチェーン全体でのサイバーセキュリティ対策の実現」が大きな課題となってきています。

中でも、「これらの課題解決を行う中核人材が、企業内に不足している」という危機感から、経済産業省が主導し、『独立行政法人 情報処理推進機構』(IPA)のもとに、『産業サイバーセキュリティセンター』(ICS-CoE)が設立されました(2017年4月)。

ICS-CoEはおもな活動として、社会インフラ・産業基盤でのサイバーセキュリティリスクに立ち向かっていくための、1年間の『中核人材育成プログラム』を提供しています。第2期プログラムでは、重要インフラ関連企業などから将来の中核人材候補83名を受講生として迎え入れました(第1期の好評を受け増員)。2018年7月の開始からほぼ1年間が経過しようとしていますが、その間テーマとして、「ITセキュリティ」「制御技術(OT)領域の防御技術」「ペネトレーション手法」「インシデント対応」「BCP」「海外のサイバー規制動向」などを学んできました。

本セッションでは、まずICS-CoEの第2期生からなるスピーカー陣から、『中核人材育成プログラム』の成果を発表します。またそれをもとに、ICS-CoEの講師陣や本セッションへの参加者の皆様も含めて意見を交換し、その結果を「各企業におけるセキュリティ対策」として活かしていただくことを目的とします。あわせて、『中核人材育成プログラム』の実際の内容やその有効性を垣間見ることもできます。

要旨
  • 『産業サイバーセキュリティセンター』(ICS-CoE)の紹介とその取組
  • ICS-CoEの実体験者(受講生)からの成果発表
      -体験した意識変革
      -自社に持ち帰る成果
      -課題への取り組み: 自社の経営層の意識改革、自身のキャリアパスの確保 など
  • ICS-CoEの講師による振り返り
  • 参加者の皆様との意見交換
講演者

Chair

門林 雄基

奈良先端科学技術大学院大学

先端科学技術研究科 教授

Speaker

佐々木 弘志

マカフィー(株)

サイバー戦略室 シニアセキュリティアドバイザー CISSP

Speaker

満永 拓邦

東京大学大学院情報学環

特任准教授

Speaker

後藤 教彰

三井化学(株)

Speaker

佐藤 芳紀

森ビル(株)

Speaker

大隅 悠理

(株)NHKメディアテクノロジー

ページの先頭へ