Interrop Tokyo カンファレンス

+

YB-02

6月12日(水) 12:10-13:30

ご登録はこちら

eSIMで変革するモバイルビジネス

概要

昨今、GSMA (GSM Association)でのRemote SIM Provisioningの標準化の進展にともない、コンシューマむけ・M2MむけのeSIM事業が注目を集めています。実際、Google Pixel 3やiPhoneXR・XSでは、eSIMを含むDSDS (Dual SIM Dual Standby)対応によって、一般コンシューマに対してもグローバルなサービス展開が始まっています。

現時点では、物理SIMによるProvisioningにのみに対応した端末が主流であるものの、将来的には「eSIMのみ」を搭載した端末が登場し、 一般化していくことも十分に予想されます。しかしこうした流れの中でも、国内ではeSIMに関する議論は限定的で、eSIMによって広がる世界観――ビジネス上の変革/技術的な変革――の理解が共有されず、 十分に議論されていない状況にあります。

そこで本セッションでは、eSIMの技術的な背景、M2MむけのeSIMの仕組み、コンシューマむけeSIMの仕組みをそれぞれ解説するとともに、各分野において実サービスを展開する事業者からeSIMの魅力について紹介し、「eSIMで広がるモバイル通信の世界」を先取りします。

要旨
  • eSIMの技術的な背景
  • コンシューマむけのeSIMのしくみ・活用事例
  • M2MむけのeSIMのしくみ・活用事例
  • eSIMの魅力と拡がるビジネス
講演者

Chair

石塚 宏紀

KDDI(株)

コンシューマ事業企画部

Speaker

調整中
ページの先頭へ