Interrop Tokyo カンファレンス

+

YA-07

6月14日(金) 10:30-11:50

ご登録はこちら

ワイヤレス通信最新動向 ~標準化・市場・技術~

概要

ワイヤレス通信の需要は、これまでの単に「高速化」を目指していた時代を過ぎ、「二極化」しつつ拡がっています。すなわち、従来の「サービスエリアを維持した上での、さらなる高速化」に加えて、「速度を抑えての、電力・距離の課題の克服(例:IoT、LTE-M)」といった技術領域への挑戦が、明確に求められるようになってきました。

このように市場の需要が移り変わる中、標準化を主導する『Wi-Fiアライアンス』も、いまでは「ミドルエリアの充実」に重きを置くようになっています。たとえば、「Wi-Fiのサービスロゴの導入(Wi-Fi 3、4、5)」「ビジネスの推進の支援」「通信サービスの拡充」などの活動です。またIoT通信(LPWA・LTE・Wi-Fiなど)においては、省電力・長距離・低処理能力といった特殊な環境に対応するために、さまざまな創意工夫が導入されてきました。テレコムの領域ではもはやデファクトとも言えるLTE技術の、エンタープライズ領域への適用も進んでいます(例:sXGP)。

そこで本セッションでは、これら最新のワイヤレス通信の全体動向を総括するとともに、標準化動向の“肝”について、整理しつつ解説します。

要旨
  • ワイヤレス通信の、最新の全体像
  • Wi-Fiアライアンスによる標準化動向…802.11シリーズ(含 802.11ah)など
  • IoT通信の動向…各種LPWA
  • LTEの応用…LTE-M、sXGP(1.9GHz自営コードレス帯域でのプライベートLTE)など
講演者

Chair

小野寺 好広

シスコシステムズ(同)

シニア・ソリューション・アーキテクト

Speaker

小林 佳和

NEC

デジタルプラットフォーム事業部 技術主幹

ページの先頭へ