会場における作業

ShowNetを構築するためには様々な作業が必要です。STMプログラム参加者には、基本的にはNOCチームメンバーが随時割り振る作業を行っていただきます。STMプログラム参加者全員に分担して行っていただく作業のうち、必須のものとしては下記のような作業があります。

HotStage中

  • ラックマウント作業
  • 配線作業

会期中

  • ShowNetサービスカウンター設営作業
  • ShowNetサービスカウンターでの出展社来場者対応
  • ShowNetテクニカルセッション補助
  • トラブルチケット対応
  • ShowNetウォーキングツアー補助
  • 主催者イベントスペース設置機器の監視や来場者対応
  • 撤収作業

この他にも、HotStage、会期に関わらず、その年の実験や検証、デモンストレーション内容、進捗状況などに応じて、以下に大別される多種多様な作業が発生します。

  • 機器のコンフィグレーション作業
  • 計測機器の設置や設定作業
  • 試験関連
  • カンファレンス会場等における無線LAN環境構築作業

注意: ShowNetを成功させることが我々の目標です。そのため、STMには自身の希望する作業に限らず上記に記された多種多様な作業をしていただくことになります。

このページの先頭へ