ShowNetにおけるSTMの役割

ShowNetとは、Interop Tokyoの会期中、イベント会場である幕張メッセにおいてネットワークを構築し、出展ブース、来場者、カンファレンス会場などにインターネットへの接続性を提供するプロジェクトの名称です。また、単にネットワーク接続性を提供するだけでなく、2年後、3年後を見越した最新の技術に挑戦し、相互接続性試験やデモンストレーションなどを通じて、「ネットワークの未来像」を示すことを大きな目的としています。

ShowNetの構築と運用は、例年5月末からのInteropイベント会期終了までの約2週間にわたって行われます。事前検証期間である最初の約1週間を「HotStage」と呼び、幕張メッセのホールに"ゼロ"からShowNetを構築します。このHotStage期間中に、ShowNetの構築をはじめ様々な検証や実験が行われます。HotStage終了後からInterop Tokyoイベント会期の3日間を含む後半約1週間を「会期」 期間と呼び、出展ブースや来場者へインターネット接続性を提供するためのネットワークの最後の作り込みを行います。またイベント会期中はShowNetの窓口対応やトラブル対応といった作業を行います。Interop Tokyo終了後、ShowNet をシャットダウンし、もう一度"ゼロ"に戻します。

ShowNetは、NOCチーム、コントリビュータ、そしてSTMの3者の協力によって運営されています。

NOCチーム

NOCチームはShowNetを構築するために産学の垣根を越えて集まったボランティアメンバーです。NOCチームメンバーがShowNetの設計、構築、運用を主導します。

コントリビュータ

ShowNetに様々な製品やサービスを提供してくださる企業や団体に所属するメンバーです。ShowNetは各企業や団体からの製品・サービス、そしてそれにかかわる人材の提供(コントリビューション)によって成り立っています。

STM

STMは、NOCチームメンバ、コントリビュータと協力してShowNetの構築・運用を行うボランティアメンバです。約2週間に渡り、ShowNetの実験成功とサービスの安定稼働という目標を達成するために総勢400名のエンジニアが参加します。

ShowNetは最新の技術検証を行う実験ネットワークであると同時に、Interopの出展社・来場者にインターネット接続性・デモ用ネットワークを提供するサービスネットワークでもあります。この二つの特性をもつShowNetを短期間で構築し安定稼働させるには、最新の技術に対する深い理解と、様々な技術課題を解決するための経験と能力が必要不可欠です。STMとして参加することで、最新技術を実物を通して理解する機会を得られます。また、そうした技術を活用しつつ安定稼働させるための様々な知見、互いの利害関係を越えてShowNetを成功させるという一つの目標に向かって切磋琢磨するという経験は他では得られません。

ShowNetの成功に貢献したい、自分の技術力をShowNetの構築を通して試したいという方のご応募をお待ちしております。

一般公募によるボランティアスタッフです。ShowNetを"ゼロ"から作り始めて"ゼロ"に戻すまでの様々な作業を通じて、大規模かつ最先端のネットワークの構築を経験できます。

STMには、NOCチームメンバーやコントリビュータメンバーと協力して、ShowNetを実際に構築、運用する作業に携わっていただきます。ShowNetは多くの人々の協力によって成り立っています。STMプログラムに参加することで、産学や業種の垣根を越えて、ネットワークに関わる様々な分野のエンジニアと知り合い、互いの技術や知識を交換する機会が得られます。こうした他のエンジニアとの交流や、コントリビューションされた最新の機器やサービスで構成されるShowNetの構築を通じて、技術的知識や経験を深めることができます。

このページの先頭へ