今年のみどころ

  • ShowNet2015テーマはこちら
  • 資料ダウンロードはこちら

ShowNet2015テーマ

show net

簡潔性、柔軟性、高信頼性のバランスが奏でる次のインターネットのカタチ

「今の設計や運用方法で10年後も安定的なインターネットサービスを提供できるのだろうか?」ShowNetでは、2014年から3年かけてこの問いかけに答え、インターネットの設計方法、運用方法を再構築するべく、グランドテーマとして“Scratch& Re-Build the Internet”を設定しました。
本年はこの大きな取り組みの2年目として、昨年のテーマをさらに深化させ、「Scratch & Re-build the Internet Phase2 - ULTIMATE BALANCE -」というコンセプトでShowNetを構築します。
簡潔性 (simplicity) と柔軟性(flexibility)、 高信頼性 (reliability)といった一見相反する要素をバランスよく実現した近未来のネットワーク、今年の ShowNet はそれを具現化しています。これからのインターネットに対する一つの答えである ShowNet、その設計方針と技術とを、是非会場にてご覧下さい。

上記のコンセプトのもと、注力テーマを掲げて現状の課題解決策やShowNet NOCチームが思い描く未来像を具体化します。

今年の注力カテゴリー

1. ネットワーク

今年は、増え続けるDDoS攻撃に対するセキュリティ対応として有効なBGP Flow Specification(RFC5575. 以下「Flowspec」と云う」)の有効性を検証しセキュリティチームと連携します。また、NFVやSDNとの連携できめ細かなトラフィック制御やセキュリティ機能の提供などを実施します。

今年の主な取り組み
 ・BGP Flowspecの実証実験とセキュリティチームと連携したDDoSを軽減する取り組み
 ・BGPでのRPKIの採用によるネットワーク経路そのものの信頼性の向上
 ・IXにおけるDos/DDoSミチゲーション機能の提供
 ・冗長構成を持つSDN IXネットワークの実現
 ・分散IXの実現
 ・ネットワーク仮想化技術を使った運用負荷軽減の実施

2. クラウド・サーバ

昨年取り組んだVXLAN相互接続検証とクラウド間相互接続検証(インタークラウド)の進化版に加え、データセンターの構築・運用の自動化をテーマにデモンストレーションを実施します。

今年の主な取り組み
 ・クラウド基盤 : OpenStackを用いたセルフサービス仮想マシン環境
 ・クラウド間連携 : クラウド間のオープンな閉域網接続を目指す Multi Cloud Fablic
 ・広域負荷分散 : マルチクラウドxマルチベンダーで実現するGSLB BCP/DR・スケールアウトソリューション
 ・オーバーレイ : よりスケーラブルなテナント収容の実現化を目指す、コントロールプレーンを取り入れたVXLAN相互接続検証

3. セキュリティ

今年はネットワーク経路上にセキュリティ機器を多層的に配置し、脅威の疑いのあるトラフィックの検知精度の向上と防御、SIEMやフォレンジックを活用したインシデントレスポンスへの取り組みを行います。また、DDoS対策でも多層防御と運用への対応を行います。

今年の主な取り組み
 ・DDoS対策の多層防御として、ISPやIXとの連携と境界での対策
 ・次世代ファイアウォールとサンドボックスによる多層防御
 ・SIEMとフォレンジックによるインシデントレスポンスへの取り組み

4. データセンターファシリティ

データセンターにおける設備集約による高密度配線化やそれに伴うエアフローへの影響など、多くの課題への挑戦をShowNet構築を通してご紹介します。また、今年はセンサーを駆使した管理も実施予定です。

今年の主な取り組み
 ・センサーを駆使し、気流や温度のモニタリング/解析

まだまだあるぞ。ShowNetの取り組み

上記の4カテゴリー以外にもShowNetでは以下の分野の取り組みも行っています。
会場では、それぞれの解説パネル等も用意されますので、是非ご覧下さい。

  • 5.無線

  • 6.運用監視

  • 7.測定・検証

  • 8.STM

  • 9.IoT

エクスターナル概要図

エクスターナル概要図

ShowNet トポロジー図

※クリックすると拡大します

ShowNet トポロジー図

※クリックすると拡大します

ShowNet トポロジー図

Best of Show Award 「ShowNet プロダクト部門」 受賞結果

ShowNetプロダクトアワードは、ShowNetを構築する上で、特に貢献が顕著だった製品に贈られます。

グランプリ

グランプリ

パロアルトネットワークス(同) 次世代ファイアーウォール PA 7050

準グランプリ

準グランプリ

ジュピターテクノロジー(株) Nagios Log Server

準グランプリ

準グランプリ

TileFlow Japan(株) PLENAFORM SYSTEMS

  • ShowNet2015テーマはこちら
  • 資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロード

Janog 36 発表資料

「Interop Tokyo 2015 ShowNetにおけるBGP Flowspec相互接続検証」

http://www.janog.gr.jp/meeting/janog36/program/lt-bgpflowspec

Interop Tokyo 2015 ShowNet NOC チームメンバー
さくらインターネット株式会社 大久保 修一

インターネットアーキテクチャ研究会 発表資料

「PTP (Precision Time Protocol) の相互接続実証実験の現状と方向性」

http://www.ieice.org/~ia/archives/20150825-PTP-hasegawa.pdf

Interop Tokyo 2015 ShowNet NOC チームメンバー
セイコーソリューションズ株式会社 長谷川幹人
東京大学 情報基盤センター 関谷 勇司