プレスリリース


Interop Tokyo 2014

報道関係各位

株式会社ナノオプト・メディア
2014年5月30日(金)

テーマは『 To the Next Connected World 』日本開催21回目を迎える Interop Tokyo 開催に関するご案内

インターネットテクノロジーの総合イベントとして、今年で日本開催21回目となる 『 Interop Tokyo 2014 』(実行委員長:慶應義塾大学 村井純教授)の開催が近づいてまいりましたので、ご案内申し上げます。

イベント名である「Interop」の名前の由来となっている“Interoperability (相互接続性)”を実際に検証する場として1994年にスタートして以来、本イベントは日本のインターネット技術の発展と、その技術情報の市場へのフィードバックに貢献することを大義として回を重ねてまいりました。

今後、より一層のITを用いた社会イノベーションと産業の活性化が期待される中、今年も、クラウドコンピューティングやセキュリティ、IoT/M2M、SDI (Software Defined Infrastructure)なの注目すべきテーマを中心に、展示会、基調講演、カンファレンス、そして本イベントオリジナルのネットワークである「ShowNet」を通じて、最先端の技術とソリューションをご来場の皆様にご覧いただきます。

なお今年は、テクニカルな視点からインターネットテクノロジーを解説する「カンファレンス」を、展示会の開幕に先立ち6月9日(月)、10日(火)の2日間、東京都品川区のAP品川にて開催いたします。展示会・基調講演の開催は6月11日(水)~13日(金)までの3日間、会場は千葉市 の幕張メッセとなります。

また、同時開催展として、「IMC Tokyo」「デジタルサイネージ ジャパン」「ロケーションビジネス ジャパン」、そして、今年より新設となる「APPS JAPAN(アプリジャパン)」も、Interop Tokyo展示会と同じく6月11日~13日まで幕張メッセにて開催します。

開催概要

Interop Tokyo 2014

会期 コンファレンス

6月9日(月)~6月10日(火)

展示会・基調講演

6月11日(水)~6月13日(金)

会場 コンファレンス

AP品川

展示会・基調講演

幕張メッセ

主催 Interop Tokyo 2014 実行委員会
運営 一般財団法人インターネット協会
株式会社 ナノオプト・メディア
後援 関連省庁、関連団体
<詳しくはこちら> http://www.interop.jp/2014/about/index.html
特別協力 WIDEプロジェクト
展示会予定来場者数 約140,000人(同時開催イベント含む)
予定出展社数 約400社(同時開催イベント含む)
オフィシャルサイト http://www.interop.jp
入場料 5,000円(ただし、Webからの事前登録または招待券持参により無料)
 ※1枚の入場証で同時開催展すべてにご入場いただけます。
主な基調講演のご紹介

Beyond the Hype(真実を知る):
  2014 年以降のビジネスを促進するオープンで相互運用可能なソリューション

デビッド・ワード
シスコ
シニア バイス プレジデント チーフ アーキテクト
ディベロップメント担当 CTO(最高技術責任者)

Yahoo! JAPANのスマートデバイス戦略 (仮)

村上 臣
ヤフー株式会社
執行役員 CMO

モノと人をクラウドがつなげる

玉川 憲
アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
技術統括本部技術統括本部長

世界に普及するオープンSDN

ダン・ピット
オープン・ネットワーキング・ファウンデーション
エグゼクティブディレクタ

世界最先端IT国家創造宣言の進捗状況について

遠藤 紘一
内閣情報通信政策監

サイバー攻撃における状況認識

ブライアン・サーティン
ベライゾン
RISKチーム ディレクター

他、多数の講演とセミナー、展示を予定しております。≪イベント詳細はこちらから≫

本ご案内に関するお問合せ
株式会社ナノオプト・メディア
TEL:03-6431-7805 pr-info@f2ff.jp
担当:成岡・菊地
http://nanooptmedia.jp/
<イベントカレンダー>http://www.f2ff.jp/event/

APPS JAPAN(アプリジャパン)2014

報道関係各位

株式会社ナノオプト・メディア
2014年5月30日(金)

アプリに特化した専門展示会&カンファレンスを国内最大級のICTテクノロジーイベント「Interop Tokyo」と同時開催

6月11日(水)~13日(金)に幕張メッセで開催される国内最大級のICTテクノロジー 総合イベントInteorp Tokyo 2014の同時開催として、今年から新たにアプリに特化したイベント「 APPS JAPAN(アプリジャパン)2014 」を開催することとなりました。(主催:APPS JAPAN実行委員会、運営:(株)ナノオプト・メディア)

近年、スマートフォン、タブレット、パソコン、テレビやデジタルサイネージなどインターネットにつながる様々な所でアプリの利用が広がっており、さらに今後は自動車や医療、教育など、より一層の利用分野の拡大が期待されています。

今年が初開催となる本イベントではありますが、インターネットの分野で1994年より国内での継続開催の実績を誇る「Interop Tokyo」や、インターネットをキーワードに生まれたその他の同時開催展との連携により、アプリユーザーはもちろんのこと、インターネットサービス事業者や放送事業者などの多種多様な来場者がアプリ開発企業や関連サービス事業者などの出展各社とビジネス交流できる場となります。

6月11日(水)~13日(金)までの3日間、会場は千葉市 の幕張メッセとなります。

また、ご来場の皆様にとっては、60社を超えるAPPS JAPANの出展企業による多彩なアプリの展示をお楽しみいただくだけではなく、同時開催展におけるインターネットテクノロジーの最先端と、その応用分野の動向をも同時にご覧いただける機会となります。

開催概要

APPS JAPAN 2014

会場 幕張メッセ
会期 2014年6月11日(水)~ 2014年6月13日(金)
主催 APPS JAPAN 実行委員会
運営 株式会社 ナノオプト・メディア
後援 関連省庁、関連団体
<詳しくはこちら> http://www.interop.jp/2014/about/index.html
予定来場者数 約140,000人(同時開催イベント含む)
オフィシャルサイト http://www.f2ff.jp/apps-japan/2014/
入場料 5,000円(ただし、Webからの事前登録または招待券持参により無料)
 ※1枚の入場証で同時開催展すべてにご入場いただけます。
基調講演情報

Yahoo! JAPANのスマートデバイス戦略 (仮)

村上 臣
ヤフー株式会社
執行役員 CMO

進化するWebとInternetの関係

<スピーカー>
中村 修
慶應義塾大学 環境情報学部 教授
W3C(World Wide Web Consortium)サイトマネージャ

瀧田 佐登子
一般社団法人 Mozilla Japan
代表理事

大津谷 亮祐
NTTコミュニケーションズ
先端IPアーキテクチャセンタ Webコアテクニカルユニット
ユニットリーダ/担当課長

本ご案内に関するお問合せ
株式会社ナノオプト・メディア
TEL:03-6431-7805 pr-info@f2ff.jp
担当:成岡・菊地
http://nanooptmedia.jp/
<イベントカレンダー>http://www.f2ff.jp/event/

このページの先頭へ

NANOOPTMedia